艶つや習慣 使い方

艶つや習慣 基本の使い方

STEP1

メイクを落として、洗顔をします。
お肌を清潔にしてから、艶つや習慣を塗るようにしましょう。

 

STEP2

艶つや習慣を手にひらに、さくらんぼ大くらいを取ります。
この量は顔に塗るために使用する場合の目安です。

 

STEP3

マッサージをするように、お顔全体に優しくのばします。
マッサージをする時間は3分~5分でOKです。

さらに効果アップのスペシャルパック

肌のくすみ対策として、週に1回~2回を目安にスペシャルパックをすると、さらなる効果が期待できます!
スペシャルパックは、お風呂に入る時間を利用します。

 

STEP1

メイクを落として、洗顔をします。
ピンポン玉大の艶つや習慣を手に取ります。(基本的な使い方よりも多めの量)

 

STEP2

顔全体に乗せるように塗って、パックした状態にします。

 

STEP3

そのまま温かい湯船につかって10分間パックします。

 

STEP4

お湯かぬるま湯で洗い残せば、肌はツルツルになっています。
スペシャルパックは首元も試してみてください。

艶つや習慣はいろいろな用途に使える万能品!

艶つや習慣の定期購入

様々な効果がある艶つや習慣ですが、ユーザーの口コミをチェックしているとこんな使い方をしている人がいましたよ。
せっかくの大容量、いろいろと気になるところに試してみませんか?

 

・首やデコルテのぶつぶつ対策
マッサージするように毎日塗っていきます。

 

・カサカサの膝や肘のケア
寝る前に塗っておけば、翌朝しっとりしています。

 

・かかとの角質ケア
ストッキングの引っ掛かりを防止することができます。

 

・男性の髭剃りのアフターケア
さっぱりする上にカミソリ負けしなくなります。

 

・エアコンなどで乾燥したお肌の保湿対策
重ね塗りもOKです。

 

・お風呂上りには全身に塗ると、乾燥によるかゆみの防止になります。
お子様にも使えますので、背中などにたっぷり塗ってあげてください。

どれくらいでイボが取れるの?

利用者アンケートによると、次のような結果が出ています。 

  • 1~3ヶ月以内と答えた方/18.8%
  • 3~6ヶ月と答えた方/38.7%
  • 9~12ヶ月と答えた方/25.0%
  • 12ヶ月以上と答えた方/17.5%

 

このように個人差が生じるのは、皮膚細胞の生まれ変わりの期間(肌のターンオーバー)の違いや古くなった角質がどれくらい固いのかにもよるようです。

 

特に、肌のターンオーバーは年齢によって変わることが知られています。年齢を重ねると、小さな傷も治るのが遅くなるのはターンオーバーに時間がかかるためです。

 

首イボなどは加齢によってできることが多いということですが、40代・50代の方が艶つや習慣を使った場合、やはり効果が現れるまでに3ヶ月以上はかかるということがわかりますよね。

 

以下の日数は文献によって若干差があるようなので目安として考えてください。あくまでも、加齢とともに周期が長くなるということがわかってもらえればと思います。

 

  • 10代/約20日
  • 20代/約28日
  • 30代/約40日
  • 40代/約55日
  • 50代/約75日
  • 60代/約90日